たちろぐ

エンターテイメント性のある日記を書きます。ハードルを低くしてご覧ください。

東京某所で初めての漫才をしてきました。

 

f:id:kungfu_men:20160810003033j:plain

 

突然ですが、自分はお笑いが大好きです。

エンタの神様笑いの金メダルオンエアバトルを母乳代わりに育ったと言っても過言じゃないぐらい笑

 

そんな大好きなお笑い、漫才を東京某所で初めてやってきました!

 お金を支払えば未経験でも舞台に立てます。

 

相方はその場でランダムで決められ、37歳のメガネで焼けた肌が似合う若々しい男の子と相方になりました。年下に見えるぐらい若々しい笑

 

俺も南国風の半ズボンが履ける37歳になりたいぜ!ってそんな事はともかく、俺の役割はツッコミ。

話し合いの結果、相方さんは先生を11年やってたらしく、先生と俺の職業を活かした漫才をしようという事になりました。

 

話し合いの持ち時間も40分と短く、ネタ合わせが2回ほどしかできませんでした

そして、ネタ合わせの時間は早くも終わり。

どんどんコンビ名が呼ばれ、裏で待機。
自分たちはアマチュアなのでコンビ名はなかったです。

他のコンビにはプロの卵や放送作家の卵や演劇をやってる方たちが出ていました。

2分の漫才がどんどん繰り出される。

 

さすがプロの卵。発声方法が桁違い。それにネタの構成もまとまっていて、かなりうまい️。

俺は人前に立つのがそもそも苦手、漫才経験ももちろんなし。ネタも書いた事ももちろんない、”ただの”お笑いファン。

2分以内のネタ時間なのですぐに出番が回ってくる。

どんどん心臓は早くなっていき、気付いたら、37歳の相方の手を握っていた(笑)今考えるとかなり気持ちが悪い笑

 

バイトの黒いTシャツを着たスタッフに舞台裏に案内され、4秒ほどでM-1グランプリでおなじみの出囃子が流れ、よくテレビで聞く音だ!と思って軽く感動しました。

 

その時、覚悟を決めました。

もう開き直るしかない、と(笑)

思いっきり、出て行き、明るい俺の『どうもー』の声で登場する!

つかみのボケをする。それで少しウケた。ちょっと安心。

即興漫才なだけであって、変な間があったり、ツッコミのテンポが遅れたりもした。明らかに緊張している。

もちろんここは予想通りだ。

 

しかし、、、

相方がたちくんのメンタルがモンスターと言いたいためだけに俺に一発ギャグを振ってきた。

 

打ち合わせで却下したのに!!

でも、ここは舞台。80人のお客さんが観てる。やらないわけにはいかない。笑


そして、、、


人生初の一発ギャグ(笑)


膝をぐるぐる回して


いつもより多く膝を回しておりまーす笑


シーーーーーーーン。

 

静まり返る客席。誇張なしに愛想笑い、苦笑い一切なし。

80人の観客の前でゲロ滑りwwww

ダントツでスベりましたwダントツです。

それはもうダントツです。

 

そんなこんなであっという間の漫才でしたが、めちゃくちゃ気持ち良かったです。

ちょっとウケただけでも味わった事のない快感だし、地元の友達にウィットに富んだコメントを言ってウケた時とは比べものにならないぐらいのドーパミンでした。それはもう最高でした。

 

もちろんあんなにゲロ滑りしたのも初めての経験でしたが、ちょっぴり度胸がついたと思います笑スベれてよかったです(笑)

また舞台に立ってみたいのでネットで相方を探して、名古屋の劇場でネタをやれたらいなぁって思ってます!

 

読んでくれてありがとう!それではシーユーネクスト!