たちろぐ

エンターテイメント性のある日記を書きます。ハードルを低くしてご覧ください。

心の傷、診てもらっていいですか?2

f:id:kungfu_men:20160511010635j:plain

こんばんは、たちです。恋愛の失敗談を赤裸々と綴りたいと思います笑

 

女の子から陰でダメ出し。~サイドブレーキが失恋の引き金に~

これは記憶に新しいです。時は2014年12月のお話。相手の女の子の名前をはるちゃんとしましょう。

はるちゃんは友人のKくんを通じて知り合った、看護学生。

 

~飲みの席にて~

はるちゃん「たちさん、カッコいいです!なんで彼女いないんですか~」

俺「なんでやろなぁ(アリさんマークのCM風)」

Kくん「なら、たち紹介するよ。デート行ってきたら?」

 

そうして、LINEをして3日、早くも三重県津市でドライブデートに行くことに。

デートはとても楽しく、車内の会話は弾み、気まずい空気が一切流れることはなかった。

 

デートコースはイタリアン→ショッピングモール→ゲオ(要検討)→ドライブと一つを除いて無難なルートだった。

 

ゲオはないだろと思うけど、はるちゃんが寄ってもいいって言ったから寄ったのだ。

 

楽しくデートできたと満足した。手ごたえもめちゃあった。それとは裏腹に次のデートを取り付けようとしても、はるちゃんは乗り気じゃなさそうだった。

 

「あれ、NARUTOの映画観たいって言ってたのにな・・」

 

バイトが忙しいのかもしれない。

 

すると突然、紹介者であり友人のKくんから電話が

 

プルルルルルルルル

ガチャ

 

俺「どしたん?」

 

Kくん「お前、Kちゃんとのデートしくじったらしいなぁ」

 

え?!?!?!??え?!!?え!?!?え!??絵!!?

 

俺「どういうことよ!!結構、うまく話せたんだけど・・・」

 

Kくん「はるちゃんがデートプランをしっかり、考えてないから本気じゃないのかなって言ってたし、ゲオ寄るのもないわって言ってたよ。あとイタリアンおごらんのも不満だったみたい」

 

俺「いや、ゲオは寄っていいっていうから!」

 

すると、Kから衝撃の一言が。

Kくん「あと、車止める時にサイドブレーキを引かないのはないわ」ってさ

 

ないわってさ

ないわってさ

ないわってさ

 

こんなにはっきりダメ出しされたことはなかったので俺の豆腐メンタルはすぐに粉砕した。

 

俺は懲りずにはるちゃんにLINEしてみたものの、壊れたおもちゃみたいに忙しいの一点張り。

 

Dカップとてもいい子だっただけに残念。

 

サイドブレーキとかお前に関係ねぇだろ!!!!!!お前、ホンダの技術者かよ!!!

 

それ以来サイドブレーキを毎回かかさずしている。

友人からはめっちゃ気にしてるやんと言われている。うん、気にしてる。

 

おしまい。